使用許諾契約書                                       

 本ソフトウェアに関するサービスは、日本の法律に準拠して提供されます。

 ご利用に際しては、以下の条項を承諾したものとし、以下の条項に同意できない場合は、使用する事
は出来ないものとします。

第1条 (契約の目的)
 1.本サービスの提供者(以下「甲」とする)は、利用者(以下「乙」とする)に対し、甲が著作権を有す
   るソフトウェア(以下、「本ソフトウェア」という。)について、本契約の各条項に従うことを条件に利
   用することを許諾する。
 2.本ソフトウェアとは、甲が乙に渡したプログラム、データファイル、説明書等のドキュメントファイル
   などすべてのものを含む。
 3.本サービスは、ソフトウェア及びそれに関係する使用権(有期限)を付与するものである。

第2条 (申込み)
 乙は、十分に検討の上で申込みを行う事。

第3条 (使用許諾)
 1.甲は乙対し、非独占的な使用権を許諾する。
 2.コンピュータソフトウェアには、潜在的なバグが存在する可能性が高く、本ソフトウェアもその可能
   性は否定できないが、乙は、それを承知の上で利用するものとする。

第4条 (複製の禁止)
 1.乙は本ソフトウェア及びデータの複製をバックアップ以外の目的で行うことはできないものとする。
 2.乙が本条項に違反した場合、乙の作成した複製品の所有権は甲に帰属するものとし、甲は即時
   全複製品の引き渡しを乙に対して要求することができる。乙は応じるものとする。

第5条 (貸与権の禁止)
  乙は、本ソフトウェア及び提供データの使用権を、譲渡または貸与等の他のいかなる方法によって
 も第三者に提供することはできないものとする。

第6条 (譲渡・返品)
 1.本ソフトウェアの使用権及びプログラム及び関係するもの一切の譲渡について、禁止と致します。
 2.返品は受け付けません。

第7条 (損害賠償請求)
  乙が、第2条・第3条・第4条・第5条に違反して本ソフトウェア及び提供データの複製または第三者
 に対する提供を行った場合、甲は乙に対し、損害賠償として、1本につき、3万円を支払うものとする。

第8条 (無保証)
  乙が本ソフトウェアを利用した結果生じた直接的および間接的ないかなる損害に対しても甲は一切
 の責任を負わないものとする。

第9条 (版数アップ)
  甲は乙からの依頼を誠意を持って検討し対応に努めるが、版数アップを行うことは甲の任意とし、義
 務までは負わないものとする。

第10条 (別途協議)
  この契約に定めていない事項については、法に従い、甲乙間互いに誠意をもって、その都度協議決
 定する他、従来の取引実情および一般慣習に従うものとする。

第11条(秘密の保持)
  乙は、本サービスを通して知り得る一切の事項について、甲の書面による事前承認なしに、一切、外
 部へ公表出来ないものとする。

第12条(本サービスの更新、変更、停止、中断、終了について)
  甲は、乙の了承無しに、本サービス内容の更新、変更、停止、中断、終了が出来るものとする。

第13条(連絡の手段)
  甲と乙の連絡は、原則的に電子メールで行われるものとし、乙は、拒否できないものとする。

第14条(代金について)
 1.本サービスの代金の支払いは、サイトに定める方法にて行うものとする。
 2.代金の返金は、理由に関わらず行わない。

第15条(規約及び条件等の改定について)
  甲は、随時、規約及び条件等の変更・改定が出来るものとし、その告知は、本サービスのホームページ、
 もしくは電子メールにて行われ、乙は了承するものとする。

第16条 (法律、管轄裁判所)
  本サービスは、日本の法律に準拠したものであり、本契約により生ずる権利義務に関するすべての紛争
 については、甲の所在地を管轄する地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判とする。

平成22年6月1日